2月(如月)


   雑節の一つ。   2月3又は4日頃  
  この夜鬼打ちの豆をまいたり、柊(ヒイラギ)の枝に鰯(イワシ)の頭を刺したものを戸口にはさんだりして邪気をはらう習慣があります。   
     
  追儺祭(ついなさい)   
  大みそかの夜に行われる宮中の年中行事の一つ。
鬼に扮(ふん)した舎人(とねり)を殿上人らが桃の弓、葦の矢、桃の杖(つえ)で追い払いする。
中国の風習が文武天皇の時代に日本に伝わったものといわれています。
各地の社寺や民間には節分の行事として今も伝わり、豆まきをします。
(別名)鬼やらい。鬼追い。鬼打ち。 
 
  八尾天満宮(八尾の天神さん):八尾市本町    
 
八尾天満宮の追儺祭(ついなさい)

 
     
     
  節分のことを年越しとも言います。
字の如く年を越す節目の日です。
旧暦に於いては節分は今の大晦日であり、立春は正月になるのです。
節分に豆まきをして一年の厄を祓ったのはこの様な意味もあったのです。
新しい年を迎え、新しい息吹を戴き甦る為に、古来より節分までに厄払いの祓いを氏神様で受けるのです。
厄除け祈願のお祓いは大切な人生節目のおまつりです。
何か良くないことが起こってから、お祓いを受けておけば良かったと思う前に、厄祓いの祈祷を氏神様でお受けください。
厄除けのお祓いを受けて、厄年に良いことがあったという人は多くおられます。
厄年の祓いは本来数え年で行います。
氏神様で厄年の人はお祓いを受けましょう。 
 
     
  数え歳
生まれたときは0才ではなく1才で、次の正月が来るたびに年を加算しますので『家族みんなが揃って正月に年をとる』と、いうことになります。
昔は立春が正月でしたから、節分が明けて次の日の立春で一つ年を取ったのです。ですから、今でも節分の日に今の歳より一つ多く豆を食べるのは節分が明けて次の立春で一つ年を取るということからきています。
数え方は、満年齢に誕生日前なら2才、後なら1才を足します。
神社のお参りではこの数え年を使います。